404エラー記事の探し方と削除方法【wordpress】

wordpressの記事欄から削除すればいいんでしょ?
サイトマップにも入らないし!

サイトマップを登録する前に削除していたなら大丈夫です。

しかし1回送信されていると、インデックスは完了されています。

削除された情報が新しく送信されたとしてもインデックスが無くなるわけではないということです。
検索結果から削除するにはインデックスで利用したGoogleサーチコンソールを使用しましょう。

ここではエラー記事の探し方と削除手順について紹介します

目次

404エラーになりがち!サンプル記事って覚えていますか?

wordpressでブログを始めるとサンプル記事ありますよね?
まだ使い方を把握できてない時期に削除している人が大半です。

記事に取り掛かる前にサイトマップやサーチコンソールなど準備を行っていた場合
そのサンプル記事もインデックスされています。

wordpressで削除した記事ってどんなURLがあったか覚えてませんよね
なのでまずエラー記事を探す方法から紹介するので一緒にやってみましょう。

※探し方が2つありますが、2つとも行うことをお勧めします。

エラー記事の探し方①

site:https://~

あなたのブログURLの前に【site:】を付けて検索します。

すると、

・消したのに残っている記事
・英語など何か変な記事

がありませんか?

これらはしっかり消しておかないとSEO的にも良くなかったりGoogleアドセンスに合格できなかったりするので対処が必要です。

エラー記事の探し方②

またもう一つ確認してほしいのが
Googleサーチコンソールです。

サーチコンソール【ガバレッジ】

エラー/除外の部分です。

その中に”見つかりませんでした(404)”となっているものがありませんか?

クリックしてみると、どの記事なのかが分かります。
一応そのURLを開いてみましょう。

内容の無いものだと確認できたら、次の対処方法へ移ります。

削除手順

wordpressにて記事削除後、Googleサーチコンソールでの削除を推奨します。
(サチコで削除後にサイトマップが送信されてしまうとインデックスされてしまうため)
※URLメモ必須。
※URLを探す場合は上記の方法で見つけてください。

しかし、wordpressで記事削除するとURLが分からなくなるので
サーチコンソールで削除後すぐにwordpress側の削除する方法でも大丈夫です。

Googleサーチコンソールでの作業方法

左側の[削除]➡[新しいリクエスト]クリック

  • URLを一時的に削除する
  • 「このURLのみ削除」or「このプレフィックスで始まるURLを全て削除」

これで下記の画面になれば完了です。

一時的でいいの?

サーチコンソールのヘルプを見ると、完全に削除する方法は

画像、ページ、ディレクトリなど、サイト上のコンテンツを削除または更新し、ウェブサーバーが HTTP ステータス コード 404(見つかりません)または 410(削除されました)を返すようにします。HTML 形式以外のファイル(PDF など)は、サーバーから完全に削除する必要があります(詳しくは、HTTP ステータス コードをご覧ください)。

Googlesearchconsoleヘルプより

とのことです。

なので、wordpressで記事削除を行いサーチコンソールにそのURL情報が再度渡らなければ大丈夫です。

検索結果からは消したいけど、記事は手元に残しておきたい場合

この場合は、希望する記事をサイトマップに含めない設定にすればOKです。
(サチコでの一時削除申請も行う)

お使いのプラグインから設定可能です。
HML-SiteMapの場合|含めない個別記事欄に記事IDを入力

最後に

ブログ運営お疲れ様です。

良質はブログ運営のためにエラーがないか常時確認するようにしましょう。

また、削除後は内部リンクの削除もお忘れなく
【Broken Link Checker】というプラグインを入れていると通知してくれるので便利ですよ!

最後まで読んで下さりありがとうございました。

おすすめ記事
Googleに【インデックスされない方へ】SiteMapのバージョンを下げよう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる