内部リンクを図でチェックできるプラグイン【Show Article Map】

記事が増えて何の記事があるか把握ができない

リンク繋がってない記事探すの大変

こんな時に役に立つプラグインがShow Article Mapです。
また、確認することでこんなメリットも

  • 孤立している記事を発見できる
  • 全体を確認できるので繋げられそうな記事が見つかる

私のサイトではページスピードに影響はありませんでした。
1度試してみるといいですよ!

目次

内部リンクを可視化【Show Article Map】とは?

新しいプラグインを導入する際はバックアップとっておきましょう。
私はAll-in-one WP Migrationプラグインを使用しています。

詳細はこんな感じ

  • 無料
  • テキストリンクのみ反映
  • カテゴリー別に色を変えてくれる
  • 固定ページで作成する(非公開)
  • 公式プラグインではないためwordpressの検索には出てこない

実際の画面はこちら

私のサイト孤立しまくってますねw
関連記事書いて繋げていきたい🔥

上記の画像では小さく表示しているためURLが出ていません。
下記の様に、どの記事なのか確認できますのでご安心ください~

マウスを置くと日本語タイトルが出るという優れもの!
自分でつけたパーマリンクですが何の記事だったのか思い出せないので有難い👏

インストール方法

STEP
下記の記事よりダウンロード

ダウンロード記事➡ブログ実験室naelab

(動作確認済み欄にSWELLがありませんが、SWELLを使用している私のサイトが使えているので大丈夫です。)

STEP
wordpressにてプラグイン新規追加

[プラグインのアップロード]をクリック
ダウンロードしたものを選択

有効化

STEP
固定ページ作成

show_article_mapとカッコを付けて入力

非公開にすること
・タイトルはなんでもOK
・固定ページ一覧から[表示]を選択することで確認可能

記事数が多いと時間がかかる場合もあるよ。

また、公開にしちゃうとページ速度がかなり落ちるから気を付けてね!

内部リンクの貼り方の正解が分からない時

Googleアナリティクスで、読者がどのようにページ移動しているかを確認してみてはいかかでしょうか?

直帰率が高い場合は内部リンクの種類や位置を変えてみるのも効果的です。

参考記事➡【行動ページの見方】応用編!

最後まで読んで下さりありがとうございました

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる