このサイトはSWELLテーマを使用中 ≫

一人暮らしを親に反対されるなら【学生会館】で説得しよう

大学進学にあたり一人暮らしをしたいが親に反対されている方・反対されるか心配な方

学生会館というものはご存知でしょうか?

寮と似ているものです。
私は大学1年~社会人まで7年間お世話になりました。

寮との違い

  • 大学専用ではない
  • 誰でも入れる(学生ならOK)
  • 食事が付いている(ない場所もある)
  • 住む年数を選べる

親が心配していることは
防犯面体調管理寂しい思いをしないかなどがあると思います。

学生会館であれば管理人さんや学生同士話せたり、健康的な食事があったりと不安を取り除ける要素が多いので説得に使ってみてはいかがでしょうか。


アパート契約の一人暮らしをどうしてもしたい場合

1年だけ学生会館を利用するも手です。

そのまま4年間継続するのか、大学の後に専門学校へ進学し住み続けるのかなど選択ができるので、住んでみてから考えることをオススメします。

最初の1年は大学生活やアルバイトなど環境に慣れることが大変

食事が提供される学生会館は負担が減るよ!

詳細が気になる方は本文も覗いてみてくださいね。

気になる目次をクリック

親が反対する一人暮らしの説得にオススメ【学生会館とは】

学生会館とは、共同生活が含まれる学生のみの寄宿舎になります。

共同と言っても鍵付きの個室が用意されています。

アパート契約での一人暮らしと異なる点

  • 共有設備(トイレ、お風呂、洗濯機、キッチン、水道)
  • 食事提供(多いところで朝食、夕食の2回)
  • 荷物受取
  • 門限(21時~25時など)
  • 家具備え付け

※学生会館による

学生会館「料金」

例に挙げる場所は、女性限定なこともあり料金高めです。
(防犯完備や清潔さあり)

家賃(食事代・水道代・管理費込み)

年間約127万円(月106,000円ほど)

  • 個室の電気代・ネット代は別途
  • 初回のみ入館料あり
  • 1年契約の場合|再契約費用あり
  • 月払い、年払い、4年一括払いなど

これより安いところもあるので安心してください。

女性の一人暮らしなら
家賃7万+食費2万程はするので同じかなと思います。

学生会館「探し方」

  1. ネットにて”通いたい大学名 付近 学生会館”と検索
  2. 大学で開催している部屋探しスペースに行く

大学にて期間限定で不動産がイベントを行っていることがあります。

私は受験合格後にイベントに出向き3つの学生会館があったので内覧に行きました。
大学から通いやすいところがピックアップされているのでオススメです。

実際に内覧した3つの学生会館の違い

3つ内覧したうち
2つは男女共有・1つは女性限定でしたが、雰囲気がくっきり異なりました。

男女共有

  • トイレ・シャワーが個室についている
  • 外履きは部屋に置く
  • 門限21~23時
  • 男性の管理人
  • 1か所は食事なし
  • 男女分けなし

オートロックの共有玄関があったり管理人さんがいるので、訪問客管理は徹底されています。

しかし、隣の部屋が男性になる可能性や部屋のドア前に外履きが並べられているなど、後々「嫌な気分になりそうだな」と感じました。

もちろん男女共有の学生会館であってもこの辺りの問題を解決している所もあるかと思うので、内覧の際に確認してみてください。

男女比なども聞くといいかもしれませんね。

女性専用を選んだ「決め手」

決め手は【廊下を部屋着&ボサボサ頭で歩けるから】(笑)

男性が居る会館では皆さんしっかりお出掛けスタイルだったんです。
家にいるのに…
気使いたくない…

私は楽さが1番です。

  • 共有設備(トイレ・大浴場・シャワー・キッチン)
  • 玄関|タッチパネルで在室確認
  • 毎日クリーンスタッフによる清掃あり
  • 管理人さん|夫婦
  • 門限|25時

1番料金は高かったですが、料金以外は完璧&親の許可が下りたのでここになりました。

学生会館のデメリット

私が過ごした経験から考えるとこの2つです。

  • 食事の味付けが合わない
  • 洗濯やお風呂が他の学生と被り使用できない

しかし、健康的なメニューになっていますし料理をせずに食べれるので我慢です。

また時間が被るのは、生活をしていくうちに空いている時間を見つけることができるので段々解決できます。
それにより自分の中でスケジュールが明確に生まれるので【時間を有意義に使える】というメリットがありますよ。

学生会館のメリット

  • 管理人さんや学生同士話せるので寂しくない
  • 年3回ほどイベントがあり楽しい
  • 大浴場なので広い湯舟に入れる
  • 女性が1階に住んでも安心
  • 体調が悪い時に助けてもらえる

※学生会館による

最後だけ黒字にしましたが、一人暮らしの1番の辛いところが体調不良の時ですよね。

近くに友人が住んでいたら買い物を頼めることもあるかと思いますがなかなか難しいところ。

私もめまいで動けなかった際に、管理人さんに相談して薬やスポーツドリンクを買ってきてもらいました。

どこに病院があるかも把握しているので凄く助かりました💦

Q&A

感染の危険性は?

コロナやインフルエンザ、胃腸炎など広まり易い病気は共同生活では不安ですよね。

7年間住みましたが1度も会館内で広まることはありませんでした。

毎日掃除のおばちゃん達が綺麗にしてくださっていましたし、食事の前には消毒するというのが最初から決まっていたことが感染予防になっていたのだと思います。

そもそも何故一人暮らしをしたいのか?

ここは明確にしておきましょう。

私であれば

  • 自分の部屋を持ってみたい(整理整頓を頑張りたい)
  • 通学時間を短くして睡眠時間確保など時間を有効に使いたい

という思いがありました。

県外の大学であっても一人暮らしの許可が下りず新幹線通学している人がたまにいるので、理由付けは必須です。

まとめ

学生会館の存在自体あまり知られていません
この生活をアピールできるのはかなり強いと確信を持っています。

度々、学生会館に住んでいると話すと親世代の方から良い反応を得られる場面が多かったからです。

一人暮らしがしたいのであれば、両親をどのくらい安心させられるかがキーです

調査、計画、強い思いを準備して挑みましょう。

初対面の人との話題としても使えますし共同生活自体苦手ではなければ是非検討してみてください。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
気になる目次をクリック
閉じる