このサイトはSWELLテーマを使用中 ≫

リライトツールとしてもSWELLテーマがおすすめ!ピンポイントで欲しい情報を集められます。

記事がどこまで読まれているか知りたい時

SWELLボタンや広告タグで測定可能!

クリック率だけでなく、ボタンのある位置まで読んだ人のパーセンテージが分かります。

リライトツールとしてSWELLテーマを使っている方法を紹介します。

この記事で分かること
  • ヒートマップの役割ができる
  • クリック率を確認
  • A/Bテストで効果的なものを見つけられる
気になる目次をクリック

リライトツールとしても使えるSWELLテーマ

SWELLは、記事作成時間短縮やオシャレなブログを作れるという話はよく耳にするかと思います。

実はリライトツールとしても優秀なんです。

こんな人におすすめ

  • ヒートマップやGoogleアナリティクスなど、いくつもツールを見るのが大変な方
  • 自分が知りたいことをピンポイントで設定したい方。
  • アフィリエイト記事のリライト

私は様々なツールを登録しても、活用できてなかったり何をするのが正解なのか分からずにいました。

今回紹介する3つのSWELLブロック自分で好きな位置に挿入・見たい結果が見れるという利点を持っています。

外部ツールで全体登録しゲットできる情報より、今回のように部分的な情報の方がリライトする箇所が必然的に決まるのでリライトしやすいのです。

さっそくリライトツールとして使っている3つのSWELLブロックを紹介します。

どこまで読まれたかデータ化「SWELLボタン」

SWELLボタンはクリック数が見れるだけでなく、そのボタンが置かれた位置までの読まれた割合も測定できるのです。

デメリットは、測定データを記事編集画面でのみ確認が取れる点です。

しかしこれは、メリットとしても考えられます。
リライトを行う面から見ると記事編集画面からデータを確認できるので、確認後すぐに手を動かすことになるからです。

結果を見て満足という現象を防ぐことができます。

どの位置にボタンを置くかでリライト基準も変わってくるので面白いデータだなと考えています。

リライトできること

以下のボタンについてリライトを考えてみましょう。
少し特殊な例にしました。

アコーディオン内に設置
上記画像のボタン情報
  1. このボタンまで読まれた割合が低い
  2. クリックされていない
  3. アコーディオンの中に設置されている

このボタンで重要なのは、読まれた割合は低いもののアコーディオン内というところです。

アコーディオンとは読みたい人のみ開く情報であるためこの数値は悪くありません。

実はこのボタンが貼ってある記事自体の最後のボタンは読まれた割合95%なんです。

そこでリライトしたいのがクリックされてない』という点

ボタン内の言葉やマイクロコピー、色の変更などで改善を図ります。

全体的に記事が不十分と感じられたのかもしれませんが、漠然とリライトするより部分的に修正したほうが今後のライティング力に繋がるのです。

\ マイクロコピー/

1度作ればクリックで張り付け「SWELL広告タグ」

SWELLテーマには広告タグがあります。

同じ広告を色んな記事に入れようと考えているのであれば広告タグが便利です。

▼広告タグの特徴

  1. 登録した広告を呼び出せる
  2. 画像が付くので目立つ
  3. 修正が一括で行える
  4. クリック率や読まれた割合も測定可能
  5. アドセンス広告OK
  6. 広告タイプは5種類

リライトは前の小見出し「リライトできること」と同じように考えたり、次に紹介するABテストも使ってデータを更に集めたりします。

ABテストが付いているのはSWELLテーマだけ。

「ABテスト」クリック率の高いツールを見つける

AとBをランダムで表示し、どちらのクリック率が高いのかを判断することが出来ます。

ABテスト例

  • A「SWELLボタン」B「広告タグ」
  • A「詳細はこちら」B「購入はこちら」
  • A「青色のボタン」B「緑色のボタン」

文の流れや全体デザインなどブロガーそれぞれの特徴があるので、クリックがされやすいモノもそれぞれ異なります。

Twitterにて『緑ボタンがクリックされやすい』という情報があったから全部緑で設置すればOKでは無いのです。

1か月~3か月ほど設置してみて成果はどうかの確認が必須です。

そこにABテストも一緒に使用すると1度の期間に2つのデータが集まるのでABテストは効率的なリライトツールと言えます。

ABテストのみでは測定不可能。
ランダム表示のみ。

ABテストにてクリック測定を行いたい場合はSWELLボタンや広告タグを入れるようにしましょう。

リライトツールとしてのSWELL「まとめ」

▼広告タグとSWELLボタンの違い

SWELLボタン
ボタン毎に測定が可能
場面に合わせたテキスト入力できる
ボタンは4種類3色
広告タグ
クリックで設置可能(入力済みのものを呼び出せる)
一括修正
アフィリエイト型・バナー型・テキスト型・Amazon型・ランキング型から選べる

≫目次に戻る↑

\ ぼたんだよ /

\ ぼたんだよ /

▼3つのSWELLレビューからメリット・デメリットを探る

よかったらシェアしてね!
気になる目次をクリック
閉じる