【電卓使ってる人必見】電卓を早く打つコツを紹介!

簿記の資格や仕事、家計簿などで使う電卓。

打ち間違えるとワーーーってなりますよね。
でも、1つ1つ金額合ってるか見ながら計算すると時間がかかる。

電卓をブラインドタッチで打つ練習をしてみるのはいかがでしょうか?

私はこんな手順で電卓力が上がりました

  • 電卓に慣れるよう過去問練習
  • 数値の訂正方法を覚える
  • 打ち間違いに気づけるようになる

・全商電卓検定1級
・日商簿記検定2級

を取得している私が電卓を早く打つコツを紹介します!

目次

電卓を早く打つコツは?

意外かと思われますが、電卓は筋肉が必要です。
電卓検定の過去問を解くと体感できるでしょう。

また電卓検定は難しい問題はなく、無心で電卓を打てることから電卓に慣れることに集中できます。
ネットに問題と解答があるので是非やってみてくださいね。

①電卓に慣れよう|電卓検定で練習

珠算・電卓実務検定試験

4桁~10桁の数字で掛け算、割り算、見取り算、伝票の計算を行い制限時間30分で回答するものです。
(過去問では伝票なし)

あなたはこの問題をどのくらいの速さで、正確に回答することができますか?

私も久しぶりにやってみました。

電卓を本格的に打つのが2年ぶりなのでかなり腕がしんどいw
タイムも予想以上かかりました(15分37秒)

掛け算・割り算


本当は見取り算の際は2~3度打って確認するのですが疲れすぎて放棄。
まともに押せておらず酷いですね💦

見取り算

※本来は¥や$明記が必要です

慣れるにもってこいなのでオススメです。

電卓「指を置く位置」は5

5の位置に点があるので、これにより触るだけで5の位置を確認できます。

新しく金額を打つ度にこの位置へ戻ることが大切です。
距離感を手に覚えさせましょう。

押すボタンを確認しよう

囲ってない箇所は中指を使うことが多い

私は基本このように左手で打ち、右手で記入をしています。

4本の指を使うことで腕を動かすことが減るよ!

腕が固定されるとボタンを見ずとも打ちやすいので試してみてください。
練習は必要

打っている数値は「ギリ視野に入る」位に見ればOK

ディスプレイがぼやける位視野に入っていればOKです。

ボタンが押せているかだけ確認しましょう。
(桁が増えているか、多すぎないか)

正確さは段々身につきます。
とにかく位置を体に覚えさせる練習です。

②電卓機能を使って「数値訂正」

いくつもの金額を足した後にミスって全部やり直し。
なんてことありませんか?

そんな時便利なのが【C】と【横▲】です。

  • Cボタン|現在入力している金額のみ削除
  • 横▲  |現在入力している金額を1桁ずつ削除

※ACは全ての金額が削除されます

これが使えるようになると結構ストレス減少になりますよ!

+や=を押す前に使ってね。

③違うボタンを押していることに体感で気づける

これができるようになると、かなり指が慣れてきたということですね。
最初から計算し直すことを避けられ時間短縮になります。

気づけるようになるには練習あるのみです。

慣れてきたら電卓の他の機能も覚えてみるといいでしょう。

私がよく使うボタン「M+」

複雑な計算を行う際や、電卓を打つのに疲れ始めたら使うようにしているM+を紹介します。

M+とはメモリー機能です。
M+押した後にACで消しても、MRで金額を再度表示することができるのです。


(2×2)+(4×4)+(6×6)

この際+の部分でM+ボタンを使用します。
追加でM+を押すとしっかり足されるので、各計算後M+で足していきMRで合計を確認できます。

他にも、計算が合っているかの確認にも使用しています。
1度計算したものをM+に登録をしておき、再度計算したら「-ボタン」の後にMRを押し=0になれば正しいと判断ができます。

この様に電卓には機能が備わっていますが、メモリーを使うより紙にメモを取ったほうがやりやすいという人もいるでしょう。
貴方に合った方法を探してみて下さいね。

まとめ

電卓を早く打てるようになるには

  • タイムアタックをすること
  • ブラインドタッチを意識すること
  • 簡単な機能を使えるようになること

これらが大切だと考えています。

しかし、腱鞘炎になることもあるので無理は禁物です。
左右で打てるようになると多少負荷も減らせるのでオススメします。

最後まで読んで下さりありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる