Googleアドセンス審査【申請準備】

サイトに【広告】↑を設置し
PV数やクリック数で収入を得ることができるのがGoogleアドセンスです。

合格って難しいの?記事数いくつ必要?

私は1度落ちました。
10回ほど落ちている方も見かけます。
何度でも申請可能なのでめげずに頑張っていきましょう(^^)/

wordpress入力し辛いなぁ…

使用中の【テーマ】にもよりますが
今のwordpressの設定のままでは入力し辛いと感じる方もいるでしょう💦

入力方法は2種類あるので安心してください!
きっと入力しやすくなりますよ✨

\入力方法2種・必要事項・合格記事数アンケートを紹介します/

ブロガーへの道【まとめ編】はこちら
【wordpress】ブログ始め方/Googleアドセンス広告収益1円が発生するまで ブログを本気で始めたいと思っているあなたに【 ブロガーへの道 】を用意。私が行ってきた準備や過程 を使って紹介します。順序に沿って準備していきましょう。wordpressで始めるのが良い理由|ブログ始めるのにいくらかかる?|期間は?

※この記事はブロガーへの道パート7です。

気になる目次をクリック

Googleアドセンス申請に備えよう

こちらを一読しておいてください
Googleアドセンスポリシー

wordpress2種類の入力方法

私はもともとクラシックエディター派でしたが
SWELLテーマ変更後にはブロックエディター派になりました。
このようにテーマによって全く使用感が異なります。

ブロックエディター

初期の状態ではこのブロックエディターが常備されています。
名前の通りブロック(段落)ごと設定が可能です。
※画像はSWELLテーマ使用中のものです

wordoress記事編集画面(ブロックエディター)

編集画面のまま装飾が確認可能

広告が設置されている場合
プレビュー画面を見すぎないことが推奨されているので
実際の表示画面が編集時に確認できるのは有難いですね💭

参考記事➡さとしん「WebNote+」より”ブロックエディターの使い方

クラシックエディター

別名:旧エディター
以前はこのタイプが常備されていました。

一般的な入力が可能なため所見でも使いやすい

装飾】張り付け方を覚えるまでは大変かも
場所さえ覚えればボタンで簡単設置✨

少し設定が必要ですが
ブロックエディターの使いづらさに比べれば楽かと思います。
(※クラシックエディターの使い方は後日追記)
(プラグイン:Classic Editor)

固定ページを作成しよう

固定ページとは

・必要ページの作成に向いている
・トップページには設定しない限り出てこない
・カテゴリー分け不可
・トップページのアレンジとしても使える

最初に必要なのは3種類!

①問い合わせフォーム
②プライバシーポリシー
③目次(サイト全体用)

①と③はプラグインを利用しましょう
※詳細は後日追記

記事を作成しよう

サンプル記事】は全て削除しておきましょう

アンケートを取ってみました
※31名の方ご協力ありがとうございました!

審査には更新頻度が高いと有効と聞くので
1日~2週間ほど審査に要すると考えて
5件ほどで申請してみてはいかがでしょうか

審査中も記事は更新しましょう!
カテゴリーは2~3個ほど
1記事1000字程はあるといいかも
※お金や薬に関することは控えるのがオススメ➡Googleアドセンスポリシー

サイドバー/グローバルメニューの設置

グローバルメニュー
サイドバー

wordpressの[外観]➡[カスタマイズ]
表示したい項目を設定しましょう
※カスタマイズ画面では保存を押さない限り、実際には影響しません。

最後に

お疲れ様でした。

第8章ではGoogleアドセンス申請方法をテーマ別に紹介する予定です。

合格後は【補足編】として便利情報をお届けする予定ですが
今後はあなた次第です。

なかなか難しいかと思いますが
1つずつクリアしていきましょう🔥

よかったらシェアしてね!
気になる目次をクリック
閉じる