【スーツケースの準備】荷ほどきを簡単にする荷物の詰め方を紹介します。

年3回海外旅行に行っていた私が行ってきた荷物の詰め方を紹介していきます。

スーツケースの匂いが服に付くのが苦手なのもあり、全てビニール袋に入れています。

ビニール袋だと他の人には見せられない内容になるので収納ポーチや圧縮袋を利用するといいでしょう。

また、ケースをスーツケースに入れるとケースのまま取り出してホテル内に置けるので非常に楽でした。

それぞれどのような様子か写真付きで紹介していきます。

目次

スーツケースでの荷物の詰め方

洋服は丸める

畳んで入れると移動しているうちに下の方へ押しつぶされるのでシワになるため

袋に入れる

取り出すのが楽。中で化粧品や食料がこぼれても汚れない。雨の時にも安心。ビニール袋でも良いが友人との旅行なら可愛い収納袋を使いたいところ。収納袋があれば旅行前に少しずつ荷造りを進めることができて便利です。(スーツケースをずっと広げておくことも難しいので、袋1個ずつ荷造り)

片側のボコボコしている面に入れるのは

ヘアアイロンやスプレーなど丸いもの。また、ぼこぼこ面の方が重たくなるようにすると移動時に引きやすいです。(ぼこぼこ面が持ち手バー側なので)大抵ぼこぼこ面はバッテンのベルトなので洋服やタオルなどで一面を覆うこと ❹ように被せるのがコツ。スーツケースを開いた時に、荷物が流れ落ちることを避けることができます。

壊れたら困るものは

洋服の間に挟む

スカスカにならないように気を付ける

荷物が洋服だけであれば問題ありませんが、化粧品など中身がこぼれてしまう可能性があるものは、スーツケース内で動かないように詰めるようにしましょう。お土産を入れるようにスペースを確保したい時は片面のみに荷物を入れたり行きはリュックもスーツケースに入れて帰りはリュックとスーツケース2個持ちにするのも手です。 スーツケースに乗せて運べるバックは小さく収まるものもあるので1つ買っておいてはいかがでしょうか?

\ じっくりスーツケースが選べるレンタル先はココ! /

\じっくりスーツケースが選べる・口コミ◎/

コメントする

CAPTCHA


目次