2023年版発売!無印の羽織れる電気ひざ掛け「ポケットは使い方次第」

毎年人気の無印羽織れる電気ひざ掛け2023年もリニューアルされて販売が開始しました。ポケットがイマイチだなと思ったので評価は★4.8点。商品名が「羽織れる電気ブランケット」に変わっていますが生地も少し軽くなっただけで去年のと同様に暖かいので良かったです。

購入レビューを紹介します。

羽織れる電気ブランケット/MJ-EHB13PKP

羽織れる電気ブランケットとして新しくなった部分はこちら

  • ポケットが付いた
  • 生地の厚みがすこーし薄く
  • 3時間自動OFF機能
  • 少し固め?
  • コードが2,4mから1,9mに

なぜか内部にパリパリ感があるのが少し気になりますが暖かさは変わらず最高です。
詳細を一つずつ紐解いていきます。是非本文もご覧ください。

目次
記事内に広告を含みます

名前が変わっても「変わらない良い部分」

  • 電熱線が12列あり広範囲に暖かい
  • 羽織るだけで暖かい
  • 羽織る・腰に巻く・ひざ掛けになる
  • ボタン3つだから調節可能
  • コードが長いためある程度動ける
  • 肌ざわりツルツル柔らかい
  • 洗濯OK

前回の羽織れる電気ひざ掛けと同じく良い部分については他の記事で既に紹介しているためこの記事では省略します。図や写真も載せてるのでそちらも是非ごらんください。

記事を読む

次に異なる部分を紹介します

羽織っている際、ポケット注意…

ポケットに電源スイッチを入れるとポケット側に体が偏ってしまうほど重たく感じます。※椅子に座って肩に羽織って利用
スイッチ自体はかなり軽いのですがポケットに入れるとビックリするくらい重く感じます。左だけ重いのは疲れそうなので結局地べたに置きました。これは大分デメリット…

  • 羽織っている際にはポケットに物を入れると重くて偏って疲れる
  • ポケット部分にも電熱線が1本あるので小物入れとして使うのもオススメできない
  • ポケットを留めるベリベリが強すぎる

▼スイッチを入れるとこんな感じ

左上の色合いが実際に近いです(カメラ故障中)

腰に巻く際にはポケット便利◎

今まで電気毛布の温度を変えたい際にコードを手繰り寄せてスイッチを掴んだり床まで手を伸ばして拾っていましたが、ポケットにスイッチを入れることによってあまり屈まずにスイッチへ手が届きます。また、足元からスイッチが無くなったので足に当たる事やコードを椅子で踏んでしまうことが増えたのはメリット。

腰に巻いて使用するならポケットにスイッチを入れるのはアリです。

なぎ

「暗くなったから電気付けようかな」と立ち上がった際にスイッチがぶらぶらしない&椅子などにぶつからないなど重さ以外はかなりメリットだと思いました。

  • ポケットは腰に巻く時の利用が◎
  • スイッチに手が届きやすい
  • 足元にスイッチが無くなることでスッキリ

3時間で自動OFFタイマーで消し忘れに安心

スイッチをONにしてから3時間が経過すると自動で電源OFFに。電源を切ったと思ったら最後まで下に降りていなかったり、もはや付いているのを忘れたりとあるのでよく切り忘れちゃう方にタイマー付きは人気ですよね。無印のブランケットにもついにタイマーが導入。

「切」に入れるのに少し力を加えるため忘れがち(カメラ壊れてピント合わず)

個人的には、またスイッチ付けないといけないデメリットだなとも…

私は1日中デスクで電気ブランケットを使用している民なので、気づいたら3時間経過して電源OFFになってて寒い状態。再度電源ONにすればいい話ですがその都度スイッチを押すのが少し面倒で…といっても他社製品もタイマーがついてない商品を探す方が大変なくらいタイマー付きが主流なのでどうも私は少数組の様です。仕方ありません。

(コードの長さが1.9mと短くなった)

私が前回購入しているひざ掛けはコードが2.4mだったのに対し1.9mとなりました。50cmも少なくなっていますが
正直、数値を見るまで短くなっていることに気が付きませんでした。

1.9mといえば男性で大きい方の身長ですね。その位移動できればティッシュを取りに行ったり電気を消すために立ち上がったりとできるため問題ありません

口コミを見ると購入ミスが起きてる人が!

Twitterで無印電気ブランケットと検索すると、「一部しか暖かくない」とおしゃっている方を見かけました。実は洗えるUSBブランケットという商品がありまして…今回電気ひざ掛けからリニューアルされて電気ブランケットに名前が変わってしまったためネット上で口コミが混ざっています。

購入や口コミを見る際は、どちらのことを書いていそうかしっかり見ることをオススメします。

なぎ

正しい商品名は「羽織れる電気ブランケット」だよ

色はピンク・アイボリー(黄色)・ダークブラウンの3色

2023年の羽織れる電気ブランケットではブラウンが無くなりピンク・アイボリー・ダークブラウンの3種類でした。アイボリーとありますがクリーム色というかほぼ黄色だったなという印象です。どちらにしてもピンクもアイボリーもとても可愛らしい色でどちらにしようかとても悩みました。ダークブラウンは例年と変わらない色合いです。

なぎ

洗濯ができるといっても汚れを気にするならダークブラウンがオススメ。ダークブラウンはもう5年程使っていますが、どこか汚れてたかな?という位見た目では分かりません。

例年の発売日・売り切れ様子

無印の羽織れる電気ブランケットは毎年9月末から10月頭に発売になり、12月前半までに2度売り切れ。2月に再入荷がすこーしあったり。という売れ行きです。(※当サイトが手動で調べてます)楽天やAmazonでの販売は例年10月中旬ですが今年もあったらいいですね。 楽天・Amazonの販売はなさそうです(12/9現在)

去年から再入荷の回数が減った印象があります。今回のリニューアルやテレワークの減少によってまた変動があるのではと考えています。

無印羽織れる電気ブランケット「まとめ」

無印羽織れる電気ブランケット個人的評価4.8

  • やっぱり暖かさ最高
  • 腰にピッタリ巻けるボタン3つ
  • 少し軽くなって肩への負担減った
  • ポケットは羽織る際には利用しないのがベスト
  • 腰に巻いてスイッチをポケットに入れると動く時に感動
  • 新色のピンクとアイボリー可愛い
  • 3時間タイマーで切り忘れても自動OFFになる

買って失敗にならない商品なので気になった方はすぐに購入することをオススメします。10月に入りぐっと寒くなったので去年買えなかった人はもう購入を始めています(10/4現在)。無印の公式ページにて店舗在庫が確認できるのでお店に行く前にチェックしてみましょう。※リアルタイムでの数値とは異なるので目安

guest

CAPTCHA


0 コメント
Inline Feedbacks
全てのコメントを表示
目次